MENU LIST

つらいアトピーにスキンケア

うるおす

保湿剤も、大きく分けて、元々ある肌の水分を守る役目のあるものと、水分を追加する効果のあるものに分けられるそうです。
皮膚から水分が逃げないように保つ保湿剤の場合、皮膚をコーティングして、水分が飛んでしまうのを防ぐという効果を持っています。

脂質成分を含むものが大をしめています。ちなみに、その中で代表的なものはワセリン。
ちなみにワセリンにも幾つか種類があるんです。白色ワセリン、プロペト、サンホワなどがそれです。プロペトは、中でも一番肌への刺激を少なくしたものらしいです。

ワセリンがあわないなーという人は、プラスチベースを使ってみてはいかがでしょうか。こちらはパラフィンを使って作られています。
オリーブ油や椿油、ひまわり油などの植物性の油は、肌の脂分を補うことによって、肌の感想を防いでくれるそうです。

肌の水分を保つ保湿剤には、例えば尿素を含む軟膏などがあります。これは一番水分保持の効果が高いそうですよ。

ウレパール、ケラチナミン、パスタロンが尿素を含む軟膏の中で代表的な商品なんだとか。

しかし、ちょっと刺激性があるみたいで、塗ったらヒリヒリしちゃうみたいです。
ヒルロイドという商品も保湿性が高い軟膏の一つらしいです。

アトピー場合、スキンケアには人一倍気を使わなくてはならないので、ちゃんと知識を入れておかないといけませんね。